おすすめ漫画・コミック BEST100

昭和52年(1977年)生まれの私が、これまでの人生で読んできた漫画の中から、心に残る作品100選を紹介します。掲載の順番は年代順で作品の優劣ではありません。とりあえず作品名と画像を整理で一区切りつけて一旦アップしてしまいますが、作品それぞれについての解説等は今後どんどん拡充していきます。

火の鳥 - 手塚治虫(1954)

火の鳥

漫画「火の鳥」は、日本の漫画表現の基礎を創った巨匠・手塚治虫がライフワークとして制作した漫画作品。−その血を飲めば永遠の命を得られる− という幻の鳥、「火の鳥」と関わりながら、業に苦しみ、生きる、人間の有り様と命の本質を力強く描いた作品で、心臓をグッと握り潰されるような衝撃を受ける描写に出会えます。古代から遥か未来まで、地球や宇宙を舞台に、エジプト編、ギリシャ編、ローマ編、未来編、ヤマト編、宇宙編、鳳凰編、復活編、羽衣編、望郷編、乱世編、生命編、異形編、太陽編とオムニバス形式で様々な物語が描かれるため読み応え十分ですが、これでもか!というぐらい酷い目にあう人間がいっぱい出てくるので、読む時は精神的な余裕がほしい作品です。


はだしのゲン - 中沢啓治(1973)

はだしのゲン

漫画「はだしのゲン」は、著者である中沢啓治自身の被爆体験を元にした自伝的漫画作品。激動の時代を必死に生き抜こうとする主人公中岡ゲンの姿が描かれる。…と言えば聞こえは良いですが、そこで描かれるのは、原爆に焼かれケロイドに苦しみ悶える人間の姿や、戦争という極限状態が暴き出す人間の残虐性など、目を覆いたくなる描写のオンパレード。私は小学校の時に学校の図書館で読みましたが、子供心にかなりの衝撃を受けたこをと覚えています。当時は幼すぎて表面的な部分(=ショッキングな描写)を友達連中と茶化しあってましたが、今思えば心底怖かったんだと思います。なんと言えばよいのかわかりませんが、私の中にある「戦争はよくない」という価値観の醸成に確実に一役買っている、そんな漫画です。


こちら葛飾区亀有公園前派出所 - 秋本治(1976)

こちら葛飾区亀有公園前派出所

漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 」は、「少年誌の最長連載」のギネス世界記録を保持・更新し続けている秋本治による漫画作品。亀有公園前派出所に勤務する主人公・両津勘吉(りょうつ かんきち)とその仲間たちが日常の中で繰り広げるドタバタコメディが魅力。サザエさんと同様に、作品全体を通して解明する謎や、倒すべき宿敵といった最終目標がないため、キャラクターや世界観の魅力に飽きない限り延々と読める魔力を秘めた作品。それが故に、連載も延々と続けられるため、作者に何かがあった時いつでも終われるように、既に最終回含めた6話分ほどが集英社に納品されているという都市伝説は結構有名です。私は50巻ぐらいまでは単行本を毎回買うほど好きでしたが、途中で息切れしてからはジャンプで時々読むだけになりました。こち亀は絵柄が大丈夫な人は誰もが楽しめる作品だと思いますが、一方で誰もがいつか「こち亀」から卒業する。そんな作品ではないでしょうか。


キン肉マン - ゆでたまご(1979)

キン肉マン

漫画「キン肉マン」は、ゆでたまごによるプロレス格闘漫画。週刊少年ジャンプにおいて1979年から1987年まで連載された。ジャンプの三大原則「友情・努力・勝利」を体現した内容で、ダメ超人だったキン肉スグルが正義の心と友情パワーにより逞しく成長し、立ちはだかる悪者をやっつけていく姿に多くの読者が感動した作品です。テリーマン、ロビンマスク、ウォーズマン、ラーメンマン、ブロッケンJr、バッファローマンなどのサブキャラクターもそれぞれが個性に富んでいて魅力的。キャラクターをガチャガチャ用のおもちゃにした「キン肉マン消しゴム(通称:キン消し)」は当時爆破的にヒットしました。かくいう私もお小遣いをすべてつぎ込んでたんじゃないかぐらいの勢いでガチャを回していましたし、毎週ジャンプを読み、アニメを観て、毎年夏は東映まんがまつりを観に劇場へ足を運ぶのが恒例でした。


Dr.スランプ - 鳥山明(1980)

Dr.スランプ

漫画「Dr.スランプ」は、鳥山明が超人気漫画ドラゴンボールの前に書いた漫画作品。ペンギン村に住む発明家、則巻千兵衛(のりまき せんべえ)博士が作った女の子型ロボット・則巻アラレのハチャメチャな日常を描いたドタバタギャグ漫画。後にアニメ化され大ブームとなりました。「ほよよ」「んちゃ」「バイチャ」「キーン」など名言(?)も多い作品です。ちなみに、やたら”巻きグソ”をフィーチャーした作品とも言え、”うんこ”と聞いてあの巻きグソを頭に思い描く人は、アラレちゃんの影響下にあると言えます(←ホントか?)


ANGEL - 遊人(1980)

ANGEL

漫画「ANGEL」は、遊人による成人漫画。男子高校生・熱海康介が主に人助けで知り合った多くの女性と欲望のままセックスするという、いわゆるエロマンガ。性欲の有り余る思春期の少年たちの妄想にガッチリハマり、登場する女の子がみんな魅力的だったので当時大ブレイクしましたが、PTAから有害図書として槍玉にあがり、社会問題に発展した作品としても有名です。ちなみに私の性の目覚めというか、覚醒&ブーストはこの作品で成されたと言っても過言ではありません。学校帰りのコンビニで友達と立ち読みして以来ハマってしまい、親に隠れて全巻所持していました。


キャプテン翼 - 高橋陽一(1981)

キャプテン翼

漫画「キャプテン翼」は、高橋陽一によるサッカー漫画。サッカーの申し子・大空翼とその仲間たちが、その時々のライバルと切磋琢磨し、成長を遂げ、日本から世界へと羽ばたいていく様子が描かれます。作中には、ドライブシュート、タイガーショット、ファイヤーショット、三角飛び、スカイラブハリケーンといった格闘漫画よろしくの必殺技表現が人気を博しました。ちなみに、この漫画の影響は日本に留まらず世界にも波及し、日本のプロサッカー選手のみならずヨーロッパにも「キャプテン翼好き」を公言する選手が多数います。かくいう私も大好きで、サッカー部でもなんでもないのに、翼くんの必殺技であるドライブシュートを公園でめちゃくちゃ練習した思い出があります。


やるっきゃ騎士 - みやすのんき(1981)

やるっきゃ騎士

漫画「やるっきゃ騎士」は、みやすのんきによるエッチな学園漫画。美崎静香の生徒会グループが支配する女尊男卑の聖愛学園に転校生してきた誠豪介が、静香たちの横暴なやり方に対抗して、格闘技クラブを立ち上げ、持ち前のスケベ根性で抗争を繰り広げる、というストーリーなのですが、「エロかった」という印象以外の細かい内容は全っ然覚えてないです(笑)でも「やるっきゃ騎士(やるっきゃナイト)」っていうタイトルの語呂と語感がとにかく気持ち良いので、心に強烈に残ってるんですよね。


AKIRA - 大友 克洋(1982)

AKIRA

漫画「AKIRA」は、大友克洋によるSF漫画作品。第三次世界大戦後、復興の熱は冷め、荒廃の道を行くネオ東京を舞台に、国家の極秘プロジェクトである超能力研究が覚醒させてしまった鉄雄の暴走を止めるべく、幼馴染の金田とその暴走族仲間たちが奮闘するSFアクション。綿密に描かれた超高層ビルが乱立するネオ東京、崩壊した瓦礫の山、個性豊かで躍動感あふれるキャラクター、グイグイ引き込むストーリーテリングと、褒め始めたらキリがありません。この作品は世界中にフリークスを生みだした化け物じみた漫画であり、ありとあらゆるクリエーターに影響を与えたといっても過言では無いでしょう。この作品をまだ読んでない人が羨ましいです。あの面白さをまっさらな状態で味わえるんですから。ちなみに大友克洋自らが監督した映画版の方も秀逸で、今観ても古臭くないどころか、古いとか新しいとかの評価軸を突き抜けた圧倒的クオリティーを持っていますね。芸能山城組の音楽も最高すぎます。


ハイスクール!奇面組 - 新沢基栄(1982)

ハイスクール!奇面組

漫画「ハイスクール!奇面組」は、新沢基栄による学園コメディ漫画。一堂零(いちどう れい)・冷越豪(れいえつ ごう)・出瀬潔(しゅっせ きよし)・大間仁(だいま じん)・物星大(ものほし だい)の5人で構成される変顔集団「奇面組」と、ダブルヒイン的な河川唯(かわ ゆい)・宇留千絵(うる ちえ)を中心に、モテ男集団の色男組、スポーツ万能集団の腕組、スケ番集団の御女組などなど、いろいろな”濃い”キャラクターたちが組んず解れつ学園でのドタバタを繰り広げる作品です。メインキャラクターの名前もそうですが、その他の登場人物も意地川 累(いじがわ るい)、渡竹 勝利(わたしだけ かつとし)など、名前がすべてダジャレでつくられているのも大きな特徴です。アニメ版ではおニャン子クラブ所属アイドルによるユニット、うしろゆびさされ組(高井麻巳子と岩井由紀子)や、うしろ髪ひかれ隊(工藤静香・生稲晃子・斉藤満喜子)が主題歌を担当し、大ヒットを飛ばしました。


風の谷のナウシカ - 宮崎 駿(1982)

風の谷のナウシカ

漫画「風の谷のナウシカ」は、宮崎駿によるSFファンタジー漫画。最終戦争が勃発し、科学文明が崩壊してから1000年後の世界。人類にとって毒となる瘴気を放つ『腐海』と呼ばれる森が世界を覆い尽くそうとしていたが、人類は争いばかりを繰り返し、腐海でさえも古代文明の遺産で焼きつくそうとしていた。辺境の村「風の谷」に住む少女ナウシカは腐海の謎に迫りつつあり、人間と腐海が共存する道を探る研究を続けていたが、残酷な運命は彼女を激しい闘争の世界に導いていった・・・。というような、全人類を巻き込んだ壮大なスケールの作品です。巨匠・宮崎駿が持てる能力を総動員して描き切った内容で、とても読み応えがあります。ちなみに、映画版の「風の谷のナウシカ」は原作漫画をダイジェスト的に圧縮した内容ではなくて、ちょうど1〜2巻の初め辺りを映像化した形なので、漫画の2巻以降は純粋に映画の続きが描かれています。映画版ナウシカが好きな人で原作漫画を読んでいない方はぜひご一読ください。


ジャンプ放送局(1982)

ジャンプ放送局

漫画「ジャンプ放送局」は、1982年10月から1995年12月まで週刊少年ジャンプにおいて連載された読者投稿コーナー。作品全体をテレビ番組に見立て、テレビ番組や芸能、友人に関すること、スポーツ、ゲーム、ジャンプの連載漫画など、多岐に渡るテーマで投稿ハガキを募集し、構成担当のさくまあきら氏(桃太郎伝説、桃太郎電鉄シリーズの生みの親として有名な人物)によって選ばれたハガキが誌面に掲載されていました。投稿者の方々は素人とは思えないセンスの良さでクオリティーが高く、毎週笑わせてもらっていました。


北斗の拳 - 武論尊 / 原哲夫(1983)

北斗の拳

漫画「北斗の拳」は原作:武論尊、作画:原哲夫による格闘アクション漫画。199X年、核兵器による最終戦争によって国家が崩壊し、暴力が支配する弱肉強食の世界を舞台に、伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウと、その仲間たちの果てしない闘いを描いた世紀末アクション。敵の体にある”秘孔”を指で突き、内側から破壊するというグロい拳法でありながら、「ひでぶ!」「あべし!」といったコミカルな台詞と共に破裂する肉体の描写に妙な快感を覚える作品です。「お前はもう死んでいる」「退かぬ!媚びぬ 省みぬ!」「我が生涯に一片の悔いなし!」「てめえらの血は何色だーっ!!」など、名言も多い漫画です。


美味しんぼ - 雁屋哲 / 花咲アキラ(1983)

美味しんぼ

漫画「美味しんぼ」は、原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによるグルメ漫画。東西新聞文化部のグータラ社員・山岡士郎と、新人記者・栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々な物語が展開されますが、ホロリとくる人情話に程良く料理の薀蓄を絡めた話が多く、大変好感が持てます。一方、美食倶楽部の主宰する士郎の父・海原雄山を相手取った究極のメニュー 対 vs 至高のメニューの対決によって、料理バトル漫画の様式を定着させた作品でもあります。私は料理が好きなので、チャーハンやカルボナーラの作り方の解説に感銘を受けました。最近は劇中で表現された東日本大震災による被曝問題についてのスタンスで批判されています。


童夢 - 1983

童夢

漫画「童夢」は、大友克洋作のSF漫画。とあるマンモス団地で発生した連続変死事件。警察による必死の捜査も空しく事件解決の糸口が掴めないままでいた。そんな中、不思議な力を持つ少女が団地に引っ越してくる。少女は不思議な力を使って事件の犯人が団地に住む老人であることを突き止め、犯行をやめるように説得を試みるが・・・といった内容で、人体や建物の緻密な描写、独特の空白使いによる気持ちの良い画面レイアウト、ダイナミックな破壊描写など、大友克洋の魅力が存分に味わえる作品です。ちなみに、この「童夢」と「Fire-ball」を経て、日本ナンバー1の超能力漫画であるAKIRA」が描かれました。


ハッビーピープル - 1983

ハッビーピープル


バオー来訪者 - 1984

バオー来訪者


ドラゴンボール - 1984

ドラゴンボール


やっぱアホーガンよ - 1984

やっぱアホーガンよ


ついでにとんちんかん - 1985

ついでにとんちんかん


魁!男塾 - 1985

魁!男塾


ちびまる子ちゃん - 1986

ちびまる子ちゃん


聖闘士星矢 - 1986

聖闘士星矢


ターヘルアナ富子 - 1986

ターヘルアナ富子


いけない!ルナ先生 - 上村純子(1986)

いけない!ルナ先生


ジョジョの奇妙な冒険 - 1987

ジョジョの奇妙な冒険


ゆうれい小僧がやってきた! - 1987

ゆうれい小僧がやってきた!


BADBOYS - 1988

BADBOYS


スーパードクターK - 1988

スーパードクターK


ジャングルの王者ターちゃん♡ - 1988

ジャングルの王者ターちゃん♡


ろくでなしBLUES - 1988

ろくでなしBLUES


舞って! セーラー服騎士 - 1988

舞って! セーラー服騎士


まじかる☆タルるートくん - 1988

まじかる☆タルるートくん


Y氏の隣人 - 1988

Y氏の隣人


CYBORGじいちゃんG - 1989

CYBORGじいちゃんG


カメレオンジェイル - 1989

カメレオンジェイル


DEAR BOYS - 1989

DEAR BOYS


電影少女 - 1989

電影少女


スプリガン - 1989

スプリガン


ベルセルク - 1989

ベルセルク


天 天和通りの快男児 - 1989

天 天和通りの快男児


花の慶次 -雲のかなたに- - 1990

花の慶次 -雲のかなたに-


蹴撃手マモル - 1990

蹴撃手マモル


今日から俺は!! - 1990

今日から俺は!!


カメレオン - 1990

カメレオン


シュート! - 1990

シュート!


湘南純愛組! - 1990

湘南純愛組!


幽々白書 - 1990

幽々白書


SLAM DUNK(スラムダンク) - 1990

SLAM DUNK(スラムダンク)


彼女の想いで… - 1990

彼女の想いで…


珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち- - 1990

珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-


ゼロ THE MAN OF THE CREATION - 1990

ゼロ THE MAN OF THE CREATION


MMR マガジンミステリー調査班 - 1990

MMR マガジンミステリー調査班


アウターゾーン - 1991

アウターゾーン


疾風伝説 特攻の拓 - 1991

疾風伝説 特攻の拓


BOYS BE… - 1991

BOYS BE…


東京大学物語 - 1992

東京大学物語


GOLDEN BOY - 1992

GOLDEN BOY


アカギ 〜闇に降り立った天才〜 - 1992

アカギ 〜闇に降り立った天才〜


銀と金 - 1992

銀と金


ボンボン坂高校演劇部 - 1992

ボンボン坂高校演劇部


SILENT KNIGHT翔 - 1992

SILENT KNIGHT翔


究極!!変態仮面 - 1992

究極!!変態仮面


将太の寿司 - 1992

将太の寿司


金田一少年の事件簿 - 1992

金田一少年の事件簿


HARELUYA -ハレルヤ- - 1992

HARELUYA -ハレルヤ-


BØY -ボーイ- - 1992

BØY -ボーイ-


瑪羅門の家族 - 1992

瑪羅門の家族


行け!稲中卓球部 - 1993

行け!稲中卓球部


Dr.NOGUCHI 新解釈の野口英世物語 - 1993

Dr.NOGUCHI 新解釈の野口英世物語


ドラゴンヘッド - 1994

ちびまる子ちゃん


MONSTER - 1994

MONSTER


レベルE - 1995

レベルE


頭文字D - 1995

頭文字D


賭博黙示録カイジ - 1996

賭博黙示録カイジ


ARMS - 1997

ARMS


BLAME! - 1997

BLAME!


おやすみなさい。 - 1998

おやすみなさい。


バガボンド - 1998

バガボンド


20世紀少年 - 1999

20世紀少年


奥浩哉短編集「赤」 - 1999

奥浩哉短編集「赤」


奥浩哉短編集「黒」 - 1999

奥浩哉短編集「黒」


麻雀飛龍伝説 天牌 - 1999

麻雀飛龍伝説 天牌


BECK - 1999

BECK


プラネテス - 1999

プラネテス


GANTZ - 2000

GANTZ


おしゃれ手帖 - 2000

おしゃれ手帖


賭博破戒録カイジ - 2000

賭博破戒録カイジ


無頼伝説 涯 - 2000

無頼伝説 涯


D-LIVE!! - 2002

D-LIVE!!


医龍-Team Medical Dragon- - 2002

医龍-Team Medical Dragon


天牌外伝 - 2003

天牌外伝


夜王 - 2003

夜王


クロサギ - 2003

クロサギ


最強伝説 黒沢 - 2003

最強伝説 黒沢


DEATH NOTE - 2004

DEATH NOTE


テラフォーマーズ - 2012

テラフォーマーズ